インプラント治療は治療前が勝負

私がインプラント治療を受けてから既に10年以上経っています。今でもしっかりとインプラントが機能しているので、インプラント治療を決断したことはまったくの正解だったと思っています。しかし、歯科分野においてはインプラント治療は簡単な治療ではないので、しっかりと情報を精査する必要があります。

私の場合はインプラント治療を受ける歯科医院を探すのに1年以上の時間をかけました。インプラント治療はほとんどの人がご存知のように、多額の治療費と長期の治療期間が必要です。いわば患者にとってインプラント治療は比較手リスクの高い治療となるのです。
最近ではたくさんの歯科医院でインプラント治療が可能になっていますが、それはただインプラント治療が可能ということであって、インプラント治療の高いノウハウを持っているとは限りません。

インプラント治療に適した歯科医院とはたくさんのインプラント治療の実績を持っている歯科医院であると断言できます。まずインプラント治療を受けたいという人はすぐれた歯科医院から探すべきなのです。今ではインターネットという便利なツールがあるので以前よりもずっと優れた歯科医院は探しやすいのではないでしょうか。

放置してしまった虫歯・・

私は歯の健康に対してとても頑張っていました。
定期検診は必ず行ってました。歯のクリーニングもしてもらっていたので、虫歯もなく白い歯のキープができてました。
3ヶ月に一度の検診で見つかった小さな虫歯の治療で通っていた歯医者に不信感がでました。

治療の翌日に詰め物がとれたのでもう一度診察をしたところ衛生士に歯周病がひどすぎて薬を飲むレベルと呆れた口調で言われました。前日の検診ではそんなことを言われませんでした。
そのご、歯医者に行くのが憂鬱になりました。

奥歯が痛くなっても、違う歯医者にいってもまた同じように怒られるかもしれないと思うと、痛みより歯医者が怖くなりました。

奥歯の痛みは徐々に無くなりました。一年後、評判のいい歯医者を見つけたので診察をしたところ、痛みが無くなった歯は神経まで虫歯が到達してので神経を抜く治療をしなければならないと言われてしまいました。
虫歯が進行しすぎると痛みが無くなるそうです。

それから毎週通いました。1ヶ月ほど通って根の治療は終わりました。
被せ物は保険適用と適用外があります。適用外だとしたら全面銀でコーティングとの話だったので保険の効かないセラミックの被せ物をお願いしました。
八万円です。
痛みがあるうちに治療するべきだったと悔やんでます。

乳歯の虫歯がとてつもなく痛かった

小学校3年の時、地元から1時間かかる所の合唱団に所属していて、コンサートでの発表会を明日に控えているという状況の中、上の左前歯が、乳歯だったのですが、少し痛みを伴った虫歯になっていしまいました。すぐにでも歯医者へと駆け付けたかったのですが、もう店は閉まっていて、仕方がなく我慢して明後日に行くことにしました。

ところが、発表会開始前に激痛が走り、どうしようもなく苦しみながら、出番を待っていたのです。痛み止めの薬を飲んで、冷えピタを熱や痛みを抑える為にほっぺに貼っていたのを覚えています。無事に発表会は終わり、次の日、歯医者の下へ一番乗りで行きました。なんと、そこまでぐらついていなかった歯を、ほとんど無理やりペンチで引っこ抜いたのです。

効果音はメリメリと音がしていました。虫歯である上にペンチで挟んで引っこ抜くのは、猛烈な痛みでした。無事に抜くことに成功したのですが、あまりにもの激痛だったのか、帰宅後も歯茎はズキズキ痛み、幼かったため、ずっとシクシクと1時間ほど泣いていました。

どうにか翌日には痛みは半減し、回復に向かいました。乳歯だったので、大人の歯が問題なく立派に育ちました。今思えば、変に治療するよりも、新しい歯に期待して抜いたのは正解だったのかもしれません。

子供の虫歯予防で気になる甘味料の影響

子供の虫歯予防についての日頃の悩みですが、哺乳瓶やヤクルトジュース、甘いお菓子を少しでも食べさせると歯磨きさせてもすぐに虫歯になりやすい体質の遺伝子があるそうです。そして、実はわたしの子供が砂糖や甘味料を摂取しただけで歯磨きをいくら頑張っても虫歯になりやすいという体質であるそうです。

歯磨きしても虫歯になりやすい体質であれば、甘いものを食べさせないようにしつけたいのですが、親や子供の友人が食べているお菓子、デザートものを、子供だけに禁止させるということも考えものです。市販品にはあまりにも甘味料や砂糖を使う飲食物が多いと思います。菓子パン、清涼飲料水、デザートなど、完全に禁止することはできないのでどうしたものかと悩ましいです。

現在は虫歯0でもなく、歯医者に通うこともありますしこの先虫歯を予防するためにはどうやって甘いもの経ちをさせればいいのか、他のお母さんたちとも話していますが、周囲が食べるこのなら子供も食べると言われているのだ成人に向けての虫歯の数と虫歯の度合いが心配なところです。

虫歯の治療にはお金も時間もかかるので、余計に子供の頃から虫歯予防、食事の管理などしつけをしておきたいところです。

虫歯を適切に治療して家族円満に過ごしましょう

私には歯に関する悩みがありました。それは、夜に寝ているときにしてしまう歯ぎしりでした。
あごの関節はもともと悪かったため、自分でも気が付いており、歯ぎしり防止のマウスピースなどを使用して寝ておりました。
歯ぎしりは20代後半からしていたようで、睡眠時に歯ぎしりをしている。と数多くの人から指摘を受けました。

歯医者には通っておらず、特に歯も傷まなかったので気にもせず10年ほど過ごし、結婚をしパートナーとの生活を始めました。
すると、そのパートナーからも歯ぎしりが非常にうるさい。と指摘を受け新婚早々夜は別の部屋で寝ることになってしまいました。
ある時、夜ご飯にお肉を食べたところ筋が歯に詰まり取れなくなり、歯を磨いてもうがいをしても取れず、歯茎が腫れ、歯医者に行きました。

検査の結果を聞いて驚きました。
親知らずより2本前と3本前が虫歯により浸食されていたとのこと。

歯の外側からの浸食ではなく、歯と歯の間から真横に虫歯が浸食し中が空洞化していたとのことでした。神経まで虫歯が到達せず、虫歯の痛みも感じていなかったとの診断でした。
歯ぎしりもその虫歯2本が原因とのことを伝えられ、その二本を治療しました。

治療したところ、すっかり良くなり、歯ぎしりも収まりました。約10年かけて虫歯に気が付かず、ひょんなことから虫歯が発覚し長年悩んでいた歯ぎしりまで治り、今ではすっかり良くなり、家族の睡眠も家族関係も円満になりました。
いまでは、歯は、定期的に診断をしようと強く心に決めています。